インフルエンザを治すなら漢方薬!副作用もなく安心!

漢方薬 古代から現代に至るまで、数々の不調に漢方薬は用いられてきました。
ウイルス感染症のインフルエンザに対しても有効な働きをみせる漢方薬ですが、インフルエンザに有効な漢方薬の種類はどのようなものがあるのか知っておくことで役立つこともあるでしょう。
自然から採れた薬なので、身体に優しいことが魅力です。

ドラッグストアで市販されている製品もあるため、活用しやすい時代になっています。
市販漢方薬の中でよく知られている製品は葛根湯(かっこんとう)で、温める作用により発汗を促して熱や寒気を取り除くとされています。
初期症状時に葛根湯は有効とされますが、高熱が出るインフルエンザに対する効果は個人差があるようです。

インフルエンザに効くとされる漢方薬の中で有名な種類は、麻黄湯(まおうとう)です。
麻黄湯は抗ウイルス剤と同様の症状緩和作用があり、医薬品として提供される抗ウイルス剤では効かないように進化を遂げるインフルエンザウイルスにも効果を発揮することが期待されています。
配合される生薬がシンプルなので、即効性が高いことで知られています。
インフルエンザはすぐに治す必要があるため、即効性が確認されている麻黄湯は注目の漢方薬です。

板藍根(ばんらんこん)もインフルエンザに有効な抗ウイルス作用があるといわれており、抗菌作用・解熱作用・消炎作用・免疫力向上作用などがあります。
重い副作用の報告はなく、安全に使用できるとされています。
補中益気湯(ほちゅうえっきとう)も板藍根などと同様にインフルエンザに用いられる漢方薬で、補中益気湯に存在する感染防御力が有効に働いていることが考えられています。

他にも、銀翹散(ぎんぎょうさん)と呼ばれる漢方薬があります。
熱の緩和・喉の痛み・関節痛に有効なことからインフルエンザの治療薬になる漢方薬とされており、新型インフルエンザにも使えることが期待されている種類です。
併用についてですが、処方された抗ウイルス剤との併用は問題ないとされます。
ただ、熱を下げる処方薬と温める漢方薬の併用では効果の相殺が起きるため効果発揮に関して組み合わせを考えることは大事です。

血圧が上がる場合があるので高齢者は注意!

ドラッグストアでも購入することができる葛根湯などの漢方薬は病院に行きたくない方や行く時間がない方にとってありがたい存在となりますが、インフルエンザに有効な漢方薬の中には血圧上昇などが起きる可能性がある作用を持つものがあります。
持病や健康状態によって適さない種類があるため、自分に合った種類を選ぶことが大切です。

葛根湯は血圧を上昇させる作用を持つ麻黄が含まれているため、動悸・頻脈・不眠といった副作用を引き起こすことが考えられます。
血圧がもともと高い方や心臓に負担を抱えている方、高齢者の方は服用に関して注意が必要です。
麻黄は名前から察する通り麻黄湯にも含まれているため、麻黄湯も葛根湯と同様の注意が必要になります。

葛根湯は軽い症状の段階で取り入れると良いそうですが、最も入手しやすい漢方薬なので他の種類が入手できない場合は葛根湯を用いることが勧められています。
インフルエンザの漢方薬と言えば麻黄湯といわれますが、麻黄湯はインフルエンザ症状が強くなってきている場合に有効です。
しかし、体力がある人向けの漢方薬でもあります。
そのため、体力度が低い方は高熱や関節痛が現れるほどの重症状態になった時にのみ使用することが可能になります。

銀翹散は軽度の副作用のような症状が現れることが確認されていますが、血圧に関係した副作用は確認されていません。
板藍根も心臓などに負担をかけるような重篤な事例はなく、補中益気湯は副作用について特別な報告がないようです。
入手しやすい漢方薬は葛根湯と麻黄湯ですが、血圧や心臓に心配がある方にはリスクがあります。
他の漢方薬は日本ではドラッグストアなどで入手できないこともあるため、漢方薬専門店を利用すると良いでしょう。