リレンザ服用でアレルギー症状が出る!?

アレルギー対策 インフルエンザの症状を改善してくれる特効薬として知られているリレンザですが、服用回数が少なく即効性があること、そして卵から生成された医薬品ではないため卵アレルギーの方でも服用することが出来ることから今ではインフルエンザと診断された患者さんに1番多く処方される医薬品とも言われています。

リレンザは併用禁忌の医薬品が存在しておらず子どもでも服用が可能な医薬品ですので、大人から小さな子どもまで幅広い世帯で使用することが出来ます。
また副作用も少ないことからリレンザを好んで処方するドクターも多いと言われています。

このように万能な医薬品であるリレンザですが実は1点だけ重要な副作用があります。
それは、アレルギー反応が起きることがあるという事です。
リレンザは乳由来の成分が使用されいるため乳タンパクを含む乳糖が含まれています。
乳糖は牛乳などに対してアレルギーを起こす方が服用すると同様のアレルギー反応が起こると言われています。

このような事態を受けて厚労省からはアナフィラキシーショックが何件か報告されている事、そして死者もでていることが発表されています。
また、死者が出ていることから服用に関して注意を促しているとともに、使用上の注意として乳製品に対してアレルギー反応が出たことがある方に対しては慎重に投与することを指示しています。
また、乳タンパクを含む乳糖水和物、つまり乳糖を使用している医薬品であるということを明記し、きちんと説明する事などを指導しています。

アナフィラキシーショックに関しては、症状が急速に出る上に呼吸困難に陥るなど生命の維持に支障をきたすほどの重篤な状態に陥るケースが多々あります。
そのため、乳アレルギーのある方がリレンザを服用する際にはこのような症状が出る可能性があるということを知っておく必要があります。
また、現在はアレルギーが出ない方も過去に出たことがある場合は注意が必要で服用は控えておいた方が良いと言えます。

アレルギーの方は処方の前に医師に相談を!

普段から牛乳などに対してアレルギー反応を起こす方、または過去に起こしたことがある方はアナフィラキシーショックを起こす可能性があるためリレンザの服用は控えた方が良いということを説明してきましたが、このように医薬品の服用に関しては予期せぬ副作用が起きる可能性があります。

とはいえ、実はリレンザと乳アレルギーの因果関係については実際のところは詳しいことがまだはっきりとは分かっておらず可能性として考えられるとされているレベルに留まっています。
そのため、もしかしたら他のアレルギーでもアナフィラキシーショックを起こす可能性は否定しきれません。
そのため、何らかのアレルギーがある方や過去に合った方は同様に注意が必要だという事が言えます。

特にインフルエンザなど高熱になるウイルスに感染しているときはウイルスに対抗する為に体が全精力を注いでいる状態です。
これはいわば体がずっとハイスピードで動いている状態です。
そのため、体は疲労しきっており抵抗する力も落ちてきています。
このような状態ですので普段は乳製品に関しては全くアレルギー反応が出ない方でも、何らかのアレルギーを持っている方は体が過剰に反応してしまい症状が起きてしまう可能性も考えられます。

そのため、何らかのアレルギーを持っている方は必ず医師に相談したうえで該当するアレルギー成分のない治療薬を処方してもらうようにしてください。

また、自分がどのような食品に対してアレルギー反応が出たのか自分自身できちんと把握しておくことも重要となります。
普段は症状が出ない方でも可能性がある場合は必ず医師にその可能性を伝え相談した上で、服用が可能な医薬品を処方してもらうようにしてください。