異常行動が起こりにくいリレンザを個人輸入で買おう

リレンザを通販で購入し服用
▲個人輸入でリレンザを購入しておけばインフルエンザも怖くありません。

インフルエンザの女性 リレンザは世界初の抗インフルエンザウイルス薬として知られています。
インフルエンザの初期段階で使用すれば、ウイルスの増殖に必要な酵素の働きを阻害し、症状を改善するとされています。
早いほど効果が高くなるので、インフルエンザの症状を感じたらすぐに使用することが大切です。
またインフルエンザの大流行時には、予防薬として使用することもできます。

抗インフルエンザ薬の副作用として、異常行動や幻覚・妄想などが話題になったことがあります。
中学生の患者がマンションから飛び降りるという事故も発生しました。
こうした異常行動は、抗インフルエンザ薬が原因とはっきり断定されたわけではありません。
インフルエンザで高熱を発したために脳がダメージを受け、幻覚を引き起こしたとも考えられます。
副作用を恐れて治療薬を使わないのは、かえって危険を増やす可能性があります。

異常行動で話題になったのは、多くが内服タイプの抗インフルエンザ薬でした。
リレンザは吸引タイプなので、薬が血液に乗って全身に回ることが少なく、それだけ副作用も少ないと考えられます。
吸引タイプの治療薬は、多数のウイルスが繁殖している喉や気管支に直接作用を及ぼすため、効果が早く現れるというメリットもあります。

反対に吸引タイプの弱点としては、子どもや高齢者には使いにくいことが挙げられるでしょう。
リレンザにはブリスターという吸入器が付いているので、これを使って正しく吸入する必要があります。
吸入の仕方を間違えると、十分な効果が期待できません。
喘息などで治療を受けている方は、とりわけ慎重に使用することが求められます。

リレンザに重大な副作用はほとんどなく、催奇性も確認されていないので、妊娠中でも使用できるとされています。
胎児のためにも治療薬を使って、なるべく早くインフルエンザを治療したほうが良いでしょう。
また未成年者が使用した後は、念のために異常行動がないか、保護者が見守るようにすると安心です。

ジェネリック医薬品のビレンザならさらに安価!

健康な方なら、インフルエンザは自然治癒するケースが大部分です。
しかし高齢や他の病気などで免疫力が弱っている方は、感染すると重症化して命に危険が及ぶこともあります。
リスクの高い患者はリレンザを常備薬にしておき、流行の兆しが見えたら予防に使うという方法があります。
もとよりリレンザは、早めに使わないと効果が薄い薬なので、いつも手元に置いておけば安心です。

しかしリレンザは原則として医師の処方が必要な薬で、いちいち診察を受けなければ受け取れず、その間に時間も費用もかかってしまいます。
そこで簡単かつ安価にリレンザを購入できる方法が、海外からの個人輸入です。
自分で個人輸入するには面倒な通関手続きを要しますが、代行してくれる通販サイトを利用すれば、普通のネット通販の感覚で海外の医薬品を入手できます。

値段が安くなければ常備薬として使うことはできません。
同じ効果のある薬を安価で利用するには、ジェネリック医薬品を選ぶのもひとつの方法です。
ビレンザはリレンザのジェネリック医薬品で、主成分はリレンザと同じザナミビルです。
インドの大手製薬会社が製造していて、成分が同じなので全く同じ効き目を期待できますが、価格はリレンザよりも大幅に安くなっています。

ビレンザもリレンザと同様に、異常行動などの副作用は起こりにくいと考えられます。
医師の診察が不要で、簡単に購入できるため、万が一に備えて用意しておくには最適と言えるでしょう。
ただし個人輸入代行の通販サイトの中には、偽物を販売しているような悪質な業者も存在します。
サイトの内容を見ただけで注文するのは避け、多数の販売実績があって口コミ評価の高い業者を選ぶことが大切です。